2015年3月7日土曜日

ペンタックス Papilio II 6.5x21レビューその2.旧型と新型の違い


ペンタックス Papilio II 6.5x21レビュー その2です。

初代である旧型PapilioI(1)と,新型のPapilioII(2)。これから買う人や旧型ユーザーにとっては,両機の違いがとても気になりますよね。

僕もヨドバシ店頭で新旧を見比べてみただけなのですが,その感想だけでも。なお,現時点での価格差は3,000円ほど。

最大の違いは,ゴースト・フレア対策。新型では明らかに改善されています。

まずは旧型Papilioを蛍光灯へ向けてみます。フレアが出てコントラストが落ちますね。ゴーストも盛大に出ます。つぎに鋭い点光源のLEDライトが並んでいる場所に向けてみます。やはりゴーストがすごいですね。

こんどは新型PapilioIIを蛍光灯へ向けてみます。おおっ!かなーり耐えてる!LEDライトの方へ向けても,よく踏ん張って耐えてます。それでもやっぱり薄いゴーストは出るんですが,この価格帯の双眼鏡ならzenレベル。

これからPapilioを買うなら,3,000円高くても,新型であるPapilioIIを買っておく方がオススメ。旧型のゴーストは,けっこうすごいですからね。

もし旧型を持っていて,ゴーストとフレアがどうしても我慢できないようでしたら,新型への買い換えはアリかもしれません。新型でもゴーストが出るときは出ますが,見比べればすぐに分かるぐらい改善されてますよ。

実際に新型PapilioIIでバードウォッチングしてみても,ゴースト・フレアで悩まされることは少なかったです。厳しいかったのは,もろに逆光の場合か,水面に反射した太陽ぐらい。

では,新旧でその他の違いはどうでしょうか?

ズバリほとんど差が無いです! スペック表を見比べても,両機に違いはほぼありません! 

あとは,エンブレムが「Papilio II」となりました。ラバー外装はほんのちょっと質感が違うかなーぐらいで,おおむね同じ。滑りにくさも,ホコリの付きやすさも(笑),しっかり受け継いでいます。

ゴースト・フレア対策が入った。実質的な変更点はこれだけと考えてよさそうです。

「それぐらいの変更でIIって言えるの?」とツッコミたいところですが,このタイミングでPENTAXの双眼鏡はラインアップを一新しています。

つまり,ラインアップ全体の見直しという大きな流れの中で,Papilioもリフレッシュしただけなのでしょう。そうだとすると,なんかちょっと寂しいですね。