2015年3月4日水曜日

ペンタックス Papilio II 6.5x21レビューその1.ファーストインプレッション


最近,双眼鏡にハマってます。今日はペンタックス Papilio II 6.5x21を買ってしまいました。この2ヶ月間で3台目(笑)

買ったのは Papilio II。新型の「2」の方です。ヨドバシにて¥13,620で本日購入。

発売日は2015年2月13日ということなので,まだ半月しか経っておらず,どこにもレビューや感想が出ていません。というわけで,人柱ファーストインプレッション。

なお,Papilio最大のウリである最短合焦距離については,他のサイトで数多く紹介されているので,ここでは細かい事をメインに。


とにかく全体的に良い感じです。Papilioの魅力である「軽くて,寄れて,楽しい!」がそのまま受け継がれています。

初代Papilioから良いところを受け継ぎつつも,ゴーストとフレアがかなり抑えこまれていますね。ゴーストが初代Papilioの弱点でしたから,この改善はすごくうれしい!(旧型機と新型機の比較は,また後日書きたいと思ってます)

他の20mmクラス双眼鏡と比べると,ややずんぐりとしたボディで,30mmクラスの小型ダハ機ぐらいのサイズ感でしょうか。開いた手に,全体が乗っかるぐらい。大人の男性ならさほど気にならない大きさです。冬用ジャンパーなら,(キツキツですが)ぎりぎりポケットに入るかも。

ただ,女性には「かわいくなーい」と言われちゃいそうなデザイン。外装が濃灰色のラバーで覆われているので野暮っい印象ですが,滑りにくく,少々の衝撃なら吸収してくれそう。

重さは290g。ボディの大きさのわりに,軽いです。構えて覗いていても,負担に感じません。なお,週刊少年ジャンプの半分以下で,缶ビールやiPad miniより40〜50gぐらい軽く,ソニーのコンデジRX100M3ぐらいの重さ。お出かけの際に,カバンに放り込んでおける重さでしょう。

ピントリングは軽く回ってしまいます。個人的には,もうちょいトルク感がつよい方が好き。視度調整も若干回りやすいかも(クリック感あり)。目幅調整の固さは,ニュル〜っとした感触で好き。

接眼部のアイカップは,計3段階の繰り出し式。回転スライドさせると,所定位置でカチカチと止まります。目を近づけすぎると,接眼レンズが曇りがち。接眼側にはキャップ(蓋)がありますが,対物側にはキャップはありません。ただし,対物レンズを守る保護ガラス(?)が装備されています。

この保護ガラスは,ゴーストの原因のひとつではないかと思っているのですが,ピント連動対物レンズ位置補正機構のレールに,ゴミが溜まらないために必要なのだと思われます。

アイレリーフが15mmあるので,メガネをつけていてもなんとか見られるかな。アイポイントは寛容な方だと思います。普通に構えて覗くかぎり,ブラックアウトすることはほとんどありませんでした。

ストラップには工夫が凝らされていて,本体との接続や切り離しがワンタッチで可能です。これは良いですねー。でも,これをそれほど頻繁に使うシチュエーションが想像できない・・・ので,あまりウリにならないかも。

本体が軽いので少し手ブレを起こしやすい気もしますが,倍率は6.5倍なので手ブレしてもさほど気にならず,扱いやすいです。とくに,双眼鏡に慣れていない人には,ちょうど良いバランスでしょう。

ピントが薄めなのが気になります。中遠景にピントを合わせていても,ピントの薄さは感じます。頻繁にピントを変えそうな用途,例えば鳥見や草サッカー観戦などでは,ちょっと使いにくそうです。

昼間なら,像は十分に明るいです。夜でも,口径20mmクラスとしては優秀。しかし,ポロプリズムとはいえ,さすがに30mm級ダハ機には少し負けるかなー。まぁ,口径なりの明るさなので,過剰な期待は禁物。

中心像はシャープです。昼間に鳥見する分には,必要十分です。中級機とサイドバイサイドで見比べないかぎり,ほとんど不満がありません。実際に買って使ってみて,とても満足した点です。

周辺像は,値段のわりになかなか良くて意外でした。周辺部でピントを合わせてもわずかに崩れてますが,中心部で見ることの多い鳥見では,ほとんど不満を感じませんでした。星見だと,またちょっと違う感想になるかもしれませんが・・・。視野円はクッキリしてます。

ただし,口径は21mmしかありませんから,鳥見には分解能が不足しがちで,星見には集光力が不足しがち。なので,バリバリのメイン機には位置づけにくいでしょう。

入門用の一台としては,なんとも悩ましい双眼鏡ですね。軽くて,低倍率で,アイポイントが寛容な方なので,入門機の候補とは言えるでしょう。しかし,ピントが薄くて,こまめなピント調整が必要なのは,初心者にはちょっと煩わしく思われるかもしれません。とくに鳥見では煩雑になりそう。

以上のようなことを考えると,「何にでも使えそうな入門機が欲しいー」という人には,PapilioIIはオススメしにくいかもしれません。すぐに物足りなくなって大きな口径を買い直すハメになるか,「双眼鏡ってこんなものか・・・」とお蔵入りしてしまうかもしれませんから。

最後はちょっと厳しめな書き方になっちゃいましたが,本当はとても気に入ってます!水族館で最短合焦距離で観たらどんな迫力なのか?それを想像すると今からワクワクです!

間近なものを見たときの「ワオ!体験」なら,PapilioIIがベストな双眼鏡であることは間違いでしょう。二台目以降にオンリーワンな双眼鏡をお探しなら,めちゃくちゃオススメできそうです!さっそく明日から使い込みます!

【関連】Papilio II 6.5x21レビューその2.旧型と新型の違い